上野病院

看護部理念・方針

個人個人を尊重し、心と心で向き合い、安全・安心・信頼して頂ける看護を提供する。

部長メッセージ

中住薫

その人らしく、笑顔で安心した生活を過ごせるように

上野病院は、三重県の伊賀エリアで唯一の精神科病院として精神、認知症医療を担っております。
そのため、地域の方々に“この病院で良かった” と感じていただけるように、精神医療はもちろん地域の方々の精神保健ニーズにも応えられるような病院を目指しております。 私たちは『その人らしく、笑顔で安心した生活を過ごせるように』との思いで、不安や辛い気持ちに真摯に寄り添い、入院から地域医療へ向けて継続的なサポートができるように、多職種と連携しながら日々取り組んでおります。 しかし、まだ私たちも成長段階です。患者様やご家族に教えていただくことや、一緒に働く仲間に気づかされたりする事も多く、日々省みて一歩ずつ前進しています。そんなチームの一員となり、一緒に看護を創造しながら歩んでいきませんか。

求める人材像

優しい『思いやり』のある言葉がけや対応から

精神科看護はコミュニケーション力も必要ですが、身体を看る観察力や技術、チーム医療をまとめるリーダシップ力など、昨今は多様性を求められます。
でも一番大事だと感じているのは、人への『思いやり』ではないでしょうか。
以前、「思いは見えないけど、思いやりは見える。思いやりは行動だから。」と上司に教えて頂いたことがあります。
精神も認知症看護も、どちらも患者様に受け入れてもらえる関係性を作るには、優しい『思いやり』のある言葉がけや対応から始まります。
職員間でも、多職種チームで協働することが多いため、相手への『思いやり』のある言葉や対応があると連携が強くなり、お互いに切磋琢磨して成長していける仲間となります。

上野病院は自然豊かな地域にあり、思いやりや優しさのあふれる人材が多く、アットホームな環境です。地域の方々に頼られる病院になることを目指し、一緒に成長してくれる方を待っています。

病棟紹介

精神科急性期治療病棟(西2病棟)

精神疾患が悪化し、入院治療が必要になった患者様を受け入れる病棟です。短期間での社会復帰を目指し、多くの職種が連携して集中した治療・リハビリを行っています。

精神療養病棟・開放(東3病棟)

唯一の開放病棟であり、長期入院の患者様の社会復帰や安定した日常生活のためのサポートをしている病棟です。それぞれの患者様の退院後の生活をイメージしながら、退院支援に取り組んでいます。

精神療養病棟・閉鎖(西3病棟)

慢性期で長期療養をされている男性の閉鎖病棟です。病状の安定をサポートしながら、患者様の個別性に応じた退院支援を行っています。

認知症治療病棟(東4・東5・西5病棟)

主に在宅介護や施設での日常生活が困難となった認知症の患者様を対象にした病棟です。病棟は最上階にあるので開放感もあり、窓からの見晴らしも抜群です。入院中は、患者様が安全で安定した生活を送れるようにサポートし、症状が安定したら在宅や施設退院へつなげる支援を行っています。