実習生の方へ

 

精神科実習を実りあるものにするために?

信貴山病院グループ上野病院の実習調整担当者から、実習を受けるにあたっての心構えをお伝えします。

山本大介

『なぜだろう?』の疑問を常に持ってください

現在、上野病院での実習受け入れ病棟は、精神一般男女混合病棟、男性閉鎖療養病棟、男女混合開放療養病棟の3病棟です。私は実習調整担当者として病院と学校の橋渡し、指導者と学生の指導・調整を行っています。学生が円滑に実習を進めることができるように、関わっていきたいと考えていますので、よろしくお願いします。
精神科と聞いて「怖い」「何をされるか不安だ」など誤解や偏見を持っている人もいると思います。私たち指導者はその誤解や不安を解き、精神科看護の素晴らしさを皆様に伝えていきたいと思っています。そのために、実習をするにあたり伝えたいことがあります。まず、患者さまに対して先入観を持たないでください。そのためには事前学習が大切です。次に、実習が始まると学生は情報収集するために患者さまを観察すると思いますが、それ以上に患者さまは学生のことを観察しています。困惑、戸惑い、緊張などなど表情からそれを読み取ります。最後に患者さまの行動に対して『なぜだろう?』の疑問を常に持ってください。もしかするとそのことは患者さまが介入してほしいことなのかもしれません。
ここには書ききれませんが、もっと多くのことを指導者とともに学んでいきましょう。

実習を迎えるにあたって

信貴山病院グループの上野病院で働く実習指導者からのメッセージです。

大和 倫代 精神一般病棟(東2病棟)

東2病棟は、54床の精神一般病棟です。男女混合病棟ですが、大半が女性患者様となっています。年齢層は30歳代~80歳代と幅広く、ADLや精神状態も異なるため日々患者様の個別性のある看護の提供に取り組んでいます。また、患者様の多くは統合失調症であり長期入院の方が多くなっています。慢性期ではありますが、時に身体拘束や隔離が必要となる患者様もおられます。
 精神科はイメージすることが難しい部分も多く、不安を持っている方もいると思います。
精神科での実習では患者様との関わりを通して自己を振り返るきっかけにもなると思います。実習を通して精神科看護の面白さに少しでも触れる事ができるよう一緒に考え成長できるように指導していきたいと思います。

仲濱 理恵 精神療養病棟・開放(東3病棟)

東3病棟は男女混合、精神療養病棟です。病床数は54床となっています。
 統合失調症・躁うつ病・うつ病・認知症など様々ですが、統合失調症が多く、開放病棟であるため、任意入院が多くを占め、ADLの自立度が高い患者様が多くいらっしゃいます。
 社会的入院と言われている患者様が多い中、社会資源を利用し退院して社会生活が送れるように、ディケアや地域移行支援事業など、地域でサポートしてくれる方たちと連携しつつ、家族との関わりを持ちながら患者様への看護にあたっています。
 実習に来られた先輩方は様々なことを学んでくれています。私たちも「精神科実習ってわからなかった」ではなく、一つでも何かを得てもらいたいと思っています。教科書で基本的な学習を行ないますが、教科書に患者様を当てはめるのではなく、個々の患者様を過去・現在・未来と通して、症状や相手の反応に込められた思いや考えを理解しようとしているか、その中で精神科って楽しいと感じてくれているか、そういった点に注意し指導に携わっています。患者様との関係を築くプロセスのやコミュニケーション技術はすべての看護領域に共通する大切な領域であるため、少しずつ学びを深めてくれると嬉しいです。

飯澤 大輔 精神療養病棟・閉鎖(西3病棟)

西3病棟は精神療養男子閉鎖病棟で、病床数は54床となっています。
 統合失調症の方を中心に、うつ病、躁うつ病、知的障害や発達障害、認知症の方等が入院されています。精神状態が安定されない方もおり、家族・施設への退院の受け入れが難しく入院が長期化している方も多く、中には入院が10年以上になる方もいます。社会から離れている期間が長くなるにつれ、社会生活能力が低下している方も多く、幻覚・妄想精神面の援助のほかにも社会面での援助が必要となります。実習に臨む際は、そういった環境に置かれている患者様をイメージしましょう。コミュニケーションが取れない患者様はいないので、安心して下さい。今までも多数の看護学生が実習に来られていますが、関わりの中で患者様にも良い刺激となっており、患者様も看護学生が来るのを楽しみにされていますよ。

ケーススタディー