実習生の方へ

 

精神科実習を実りあるものにするために?

信貴山病院グループハートランドしぎさんの実習調整担当者から、実習を受けるにあたっての心構えをお伝えします。

後藤恵 教育担当長

1年間の様々な実習の中で

 私の看護師経験も30年になろうとしています。

 そんな長いキャリアの中でも、看護学生時代に小児看護学実習で出会ったTちゃん。

一言も会話してもらえなかった初日から、実習最後の日には、一緒に笑顔で写真を撮りました。振り返れば、Tちゃんのことを知りたくて、その気持ちを言葉や表情で、また、周囲の助けをもらいながら、毎日伝えました・・時間が経過した今も心にずっと残っています。
 ハートランドしぎさんでは、精神科病棟や認知症病棟での実習となり、「会話が難しいのでは?コミュニケーションとれるの?」と、不安を持つ学生もいます。

 私が、いつも皆さんに伝える言葉があります。「看護は、まず相手に興味を持ち、疾患だけでなく人を見ること。そこから、関係性の構築は始まります。」コミュニケーションがとれなくても、少し怖そうな患者様も、知ろうとする気持ちから、何かが見えてくると思います。精神科看護でも、日常生活でも大切にしているコミュニケーションスキルとして、まず聞き上手になることからと考えています。「私は、あなたが知りたいです。」のメッセージを、笑顔に載せて送ってみてください。その第一歩から、看護がスタートし、患者様の笑顔・小さな反応が喜びに繋がる瞬間があります。

私たち指導者は、皆さんが、「その人らしさを大切にした、対象の最良の今」を見出せるようにサポートをします。

実習を迎えるにあたって

信貴山病院グループのハートランドしぎさんで働く実習指導者からのメッセージです。

福田 貴大 精神療養病棟(東2病棟)

 私が働いている病棟は内科療養病棟です。内科療養病棟では自宅に帰ることが難しく、慢性疾患の病状の管理、治療が必要な方が多いです。そのため、人生の終焉まで看取らせていただくことも多くあります。当院の中で唯一精神科病棟ではありませんが、他病棟からの転入の割合が多いため基礎疾患に精神疾患をお持ちの患者様が多数おられます。そのため、精神疾患を持ちながら、内科的な身体管理を学ぶと同時に、心に介入する精神看護も学んでいただくことができます。
 私たちの病棟では日常生活援助を通して、日常のメリハリをつけて生活していくことから、ベッド上で寝たきり患者様の点滴管理や褥瘡処置、経腸栄養管理(NGT,PEG)といった多岐にわたる業務があります。それに加え、作業療法への参加や年に2回の催し物(新年会、夏祭り)を企画、運営しています。
 人生の終焉までを過ごす患者様にとっては「生活の場」であるため、できる限り患者様、家族様の希望に添えるようコミュニケーションを“密”にとって関わっています。プライマリーナージングを採用しており、受け持ち患者様の変化を体験しながら、日々看護を楽しんでいます。看護の実践を一緒に体験してみませんか?
 直近の1年はコロナウイルスと人類の戦いの中で医療業界も大打撃を受けています。医療ひっ迫や心無い声などで現場も大変な中、この業界に夢を抱いて入ってこられる皆様とお会いできることを楽しみにしております。

西岡 緑 精神一般病棟(西2病棟)

 私が勤務している西2階病棟は、精神一般病棟として精神疾患と共に身体合併症に対する治療を必要とする患者様が多く入院されている病棟です。精神面に加え身体的ケアが必要となるため、精神看護と共に身体疾患に対する治療や看護を同時に学ぶことのできる病棟でもあります。患者様の中には、ご自身で思いや感情を表出することが難しい方もいらっしゃるため、ほんの少しの変化にも気付けるような注意深い観察や気付きが必要となってきます。
 看護師となった今でも、目の前にいる患者様を通して学ぶことは多く日々勉強が必要です。実習生の方には、まずは相手に関心を持つということを大切に実習に取り組んでもらいたいと考えています。実習指導では、臨地実習ならではの環境の中で気付く力を大切に学生の「なんでだろう?」と思ったその気付きを看護に結び付けられるような指導を心掛けています。
 学生の頃は、教科書とは違い日々変わる患者様の変化に追い付けず記録に追われる日々でした。しかし、私にとって精神科病棟での実習は自身の言動や行動、表情がもたらす影響について振り返り、自身の強みや弱みを知る貴重な経験であったことを覚えています。対象に関心を持ち理解することで見えてくる看護の楽しさや難しさを学べる、そんな実習に携われたらと思います。
 コロナ禍の中、将来に不安を抱いている方も少なくないと思います。でも、こんな時だからこそ考え方を変えてみてはどうでしょうか?気持ちの持ちようで良くも悪くも変わるのが人生です。今考えている事、感じている事、挑戦したこと全てがきっと皆さんの大きな力になると思います。終息するその日まで、共に頑張りましょう。

江田 智美 精神科急性期治療病棟(南5病棟)

 わたしが働いている病棟は急性期病棟です。48病床男女混合型の閉鎖病棟で、入退院によるベッド稼働率は高く、入院患者様の年代も10歳代から90歳代と幅広く、社会的な背景や入院時病名・入院目的は多岐に渡ります。急性期病棟では任意入院、医療保護入院の方がほとんどです。治療抵抗性統合失調症患者様に対するクロザリルの導入も開始しています。(※応急入院、措置入院、緊急措置入院、鑑定入院はスーパー救急病棟で受け入れています。)早期治療・療養をすることで3か月以内の退院を目指し、早期病状の安定、社会復帰を目指しています。そのため、個別性を重視しながら医師や他部署と連携し治療・看護を提供しています。
 急性期病棟でも症状の急性増悪により、自傷他害の恐れがある患者様に対して、精神保健指定医の診察のもと行動制限の実施をすることもあります。しかし、その姿が本来の患者様の姿ではありません。病棟実習では、まずその人本来の人間性を知っていただくことから始めていきます。精神疾患をもつ患者様との関りの中で、困難に遭遇した時には一緒に考え、根拠をもって助言や指導をし、学生個々に応じた学びの手助けができるように心掛けています。学生もチーム医療の一員です。楽しみながら実習に臨んでください。スタッフ一同お待ちしています。
 コロナ禍の中、世間の自粛自粛のムードの中でストレスも多いかと思います。感染対策を実施しながらの新しい生活スタイルには慣れて来たでしょうか。これからの将来に不安を抱いている方も多くいらっしゃると思います。1日でも早く収束することを願いながら、そんな中、医療に携わりたいと志していらっしゃる皆様の思いにも寄り添っていけたらと思います。

吉田 愛 子どもと大人の発達センター

 子どもと大人の発達センターの発達外来では、就学前の年長から大人の方まで幅広く来院されます。誰でも得意不得意はあると思います。得意なことは自信をもって出来ますし、不得意の部分には助けがあると出来ることもあると思います。私たち看護師がしていることも、特別なことではなく、患者様やご家族様が困っておられる部分に寄り添い一緒に成長出来るように考えたりしています。通院していく中で、出来ることが増えて自信を持ってくれるように私たちも関わることが出来たらと思っています。
 発達センターでは、診察の患者様だけではなく、感覚統合訓練や心理検査を受けられるすべての方の入り口が発達外来になります。私たち看護師は接するのが短時間であっても、受付に来られた時の表情や声の調子を見逃しません。身体的な不調や体調管理の指導も行います。また、患者様だけではなく、ご家族様も含めて来院されている対象の方と認識しています。受診されている患者様には受け持ち看護師制度を取り入れていますので、診察の前後で関わりを持ち安心・安全、通院しやすい環境を感じてもらえるように人的・物的環境の調整をしています。実際に、受け持ち看護師に相談がしたいと電話や、お手紙を頂くこともあります。
 また、発達センターには医師、看護師、作業療法士、心理士、精神保健福祉士の多職種で形成されています。患者様1人1人について、多職種が、専門性を発揮することで、より質の高い医療サービスを提供できると考えています。発達センターに来院される患者様の生活の場は、保育園、学校や職場でもあります。実習に来られた際には、地域で生活している患者様へ多職種が連携し関っているチーム医療を見ていただきたいと思います。
 2020年はコロナ禍で、発達センターに通院している患者様の生活も変化がありました。休校になり、家で過ごす時間が増え不安の中過ごされている患者様やご家族様の声を聞き、発達センターで出来る事はないかと多職種で考えた結果、在宅での過ごし方を各職種でまとめてリーフレットを作成しました。来院された方にはもちろんですが、来院を控えて過ごされていた患者様にも郵送しました。現在はホームページでも閲覧できるようになりました。学校や仕事が再開になった頃、通院を再開された患者様からは、リーフレットの感想や実際に活用された用紙を持参頂くこともありました。実習生の皆様も、たくさんの不安があると思います。リフレッシュ出来ることも限られているかとは思いますが、身体も心も健康的に過ごされ実習に臨まれることお待ちしております。

ケーススタディー