働くスタッフ

各先輩看護師

信貴山病院グループで働く各先輩看護師からのアドバイスです。

 

杉本 千尋 精神療養病棟・開放(東3病棟)

どのような病棟ですか?

上野病院唯一の開放病棟になります。医師や病棟スタッフ、また様々な職種と協力しながら地域への復帰を目指した退院支援を行っているのが特徴です。長期入院されている患者様も多くいる中、安心して社会へ復帰していただけるように意識して支援に取り組んでいます。また、超高齢社会の中で介護への意識が高まり、様々な社会資源を多く活用していくため、入院中はもちろんですが、退院後の生活支援についても深く学んでいくことができます。笑顔で明るい人たちばかりなので、楽しい雰囲気の中、のびのびと働くことができる病棟です。

精神科看護の魅力は?

精神科は同じ病名で入院されていても、全員が同じ症状や経過をたどるわけではありません。そのため、個別性を重視した看護の大切さや、コミュニケーション技術について深く学ぶことができる科であると思います。1人1人と向き合い、必要な看護を導き出すのはとても大変なことですが、自分の関わりを通して良い方へ向かったときには、大きな達成感を得ることができ、間違いなく自己の成長にもつながっていきます。外からは一見「怖い」といったイメージがあるかと思いますが、実際に関わると患者様の「その人らしさ」を尊重して向き合うことができるところが精神科の魅力だと感じます。

自分の目指す看護師像

様々な不安や苦痛、悩みを抱えている方は大きさに関係なくたくさんいます。そのため些細なことでも見逃さず、問題解決していくために患者様に寄り添い、一緒に進んでいくことができる看護師を目指いています。自己表現ができる方もいれば、それが難しい方も多く入院されています。「いつもと違う」という気づきを大切にし、基本的な情報把握はもちろん、状態をアセスメントして適切な看護の提供ができるよう日々意識しています。時にはうまくいかないこともありますが、患者様と向き合って力になることができたらと思っています。

 

服部 優海 認知症治療病棟(東5病棟)

どのような病棟ですか?

東5病棟は、認知症治療病棟です。認知症患者様が、入院した直後から医師・看護師・PSWの方と共に退院へ向けて、どのように過ごすことができたら退院できるのかを常に考え、他職種と共に患者様を看護しています。

認知症病棟の魅力は?

病棟では専従OTによるレク等の活動やお昼の会、そして病棟スタッフが様々な関わりを持つことで認知症の方のADLや認知機能を維持・向上を図ることができます。入院中は病院外に出る機会が少なくなるため季節毎にレクレーションなども行っており、催し物やデザートの提供など、季節感を味わうことで患者様の笑顔も多くなります。現在は感染症の流行時期の為に難しい状況ですが、レクリエーションには家族も共に参加する事が出来るので、入院中の様子や違った面をみることができるのも魅力です。

自分の目指す看護師像

私は患者様に寄り添うだけでなく、信頼関係を深め認知症による苦しみの中にある人たちの支えとなり、一人でも多くの患者様が笑顔でいられるような看護を提供していきたいです。

 

波夛 雄一朗 精神科急性期治療病棟(西2病棟)

どのような病棟ですか?

急性期治療病棟の特徴として、療養病棟とは違い短期間での社会復帰を目指した治療を一貫としているため、それに沿って患者様の立場やニーズを常に考えた看護を提供するよう心掛けています。西2病棟は、患者様一人ひとりに対して少しでも良くなって欲しいとの思いから、スタッフ全員が一丸となって個別性のある看護について日々話し合いを行い、協力しながら実践できるような関係性を築く『チーム力』という部分を特に大事にしている病棟です。

精神科看護の魅力は?

精神科は看護の分野だけでなく、精神科における病理学や薬理学、心理学といった幅広い分野での知識を用いて、それを活かし経験を積むことが重要であり、上手くいくと自身の関わり一つで患者様の今後の人生をも変えることができるところに、精神科看護として最高のやりがいを感じます。患者様へそういった看護を提供する上で、看護師自身のメンタル、ストレスとの向き合い方、コミュニケーション力を養うことができ自分自身の成長に繋がるところも精神科看護の魅力の一つです。

自分の目指す看護師像

私は常に、患者様とその家族から感謝される看護師を目指しています。その感謝の内容も具体的にあり、患者様や家族が「ここに入院して良くなった自分を実感できてよかった、入院したこの時間は自分の人生において無駄じゃなかった」と思ってもらえることです。それを言葉にしていただけたら、自分にとってこれほど幸せなことはないと思います。