働くスタッフ

各先輩看護師

信貴山病院グループで働く各先輩看護師からのアドバイスです。

 

永吉 美佳(南3病棟)

どのような病棟ですか?

 南3病棟は、精神療養男女混合閉鎖病棟で精神疾患・認知症に伴う精神症状により在宅や施設での療養が困難な患者様が入院治療を行っている病棟です。長期の入院により、精神状態が安定している方も多い中、自分の些細な行動や発言によって精神状態が変動するケースもあり、日々関わりについて悩むこともありますが自分自身、患者様にたくさんのことを学ばせて頂いています。スタッフについては、みんな仲が良くチームワークのある明るい病棟で、新人である私に対し、愛のある指導をして下さり頼りになる先輩ばかりです。

精神科看護の魅力は?

 学生時代、当院で実習させて頂き患者様を通して私たちが普段当たり前のように出来ている事だからこそ、気付けていない患者様の欲求がたくさんある事に気が付きました。疾患にだけとらわれるのではなく、健康面に目を向けることが必要であり、患者様の強みを引き出すためにも日々の些細な関わりがどれだけ大切な事なのかを学びました。自分の一言で患者様の状態が変わり得る、そんな関わりに魅力を感じました。当院なら看護の原点や自分の看護観を意識し続けて働くことが出来ると思いました。

自分の目指す看護師像

 私は、患者様を尊重できる看護師を目指します。精神疾患をもち長期間閉鎖された環境で治療を行うと同時に、患者様にとっては病棟が生活の場だということを忘れてはいけないと思います。一人ひとりの意思を尊重できる看護師に近付くために、患者様の人生の一部に自分が関わっている事を意識し、常に患者様に関心を持ち続け、些細な発言や行動を見逃さないよう一日一日を大切にしていきたいです。

松浦 美画(南3病棟)

どのような病棟ですか?

 南3病棟は、精神療養閉鎖病棟です。この病棟の最大の特徴は、患者様に合わせたケアはもちろんの事、どんなに病棟内がバタバタしていてもスタッフがその素振りを見せず、患者様一人ひとりに合った看護を提供できるところにあります。患者様から不安の訴えが表出されると耳を傾け、共感し、どうすればその不安が取り除けるのかをゆっくりと時間を掛けて答えを出していける病棟であり、その介入がされる場所です。

精神科看護の魅力は?

 私が当院を選んだ理由は、精神科での急性期から慢性期、また退院後の社会復帰に至るまで、地域に密着した精神看護の一連を学べると考えたからです。もちろん、自分もそのチームの一員となり他職種との連携を図りながらチームで患者様のケアを行っていけることが、毎日幸せに感じモチベーションが上がる糧になっています。精神科の最大の魅力は、患者様だけでなく自分自身の人間性が磨かれ成長ができていくことだと考えています。

自分の目指す看護師像

 人生の先輩ばかりが患者様という立場で、自分自身もプロとして指導する機会が増えていきます。その伝え方、話し方についてや、まずは自分自身がどれだけ患者様を想っているのか、甘えと諦めと本当に困っているのかの共感等ひとつの関わりでさえ、再検討や妥当性を考えなくてはなりません。
 そんな中、私の目指す看護師像は「患者様に家族のように寄り添える看護師」になることです。患者様が日常生活を送る中で、当たり前にできないことが当たり前になってしまってはいけないと感じています。まだまだ目指す目標は遠いですが、みなさんと一緒に精進していきたいと思っています。

森口 未雪(南4)

どのような病棟ですか?

 私の勤務している病棟は、精神科療養閉鎖病棟で、陰性症状である意欲低下、疎通性の低下のある方、高齢で身体機能や日常生活機能が低下している方等、様々な症状を抱えた患者様を対象としています。私達は、患者様一人一人に対し、その人らしさを見出し発揮できるよう援助しています。スタッフは皆仲が良く、とても明るい病棟です。また、わからないことがあれば、優しく、丁寧に教えてくださいますし、先輩方も頼りになる先輩ばかりです。

精神科看護の魅力は?

 精神科看護は、自分自身が看護の道具となって患者様と関わります。自分の関わり方によって患者様の状態が良くなったり、悪くなったりと様々です。時には、学校で教わったことを実際行っても教科書通りにはいかないことも多々あります。しかし、そこが精神科看護の難しいところであり、奥が深くて面白いところであると感じるとともに、患者様との関わりの中でたくさんの学びがあると日々実感しています。

自分の目指す看護師像

 私が精神科看護に携わっていくにあたって目指す看護師像とは、心が豊かな看護師になることです。精神科看護は、自分自身が看護の道具となるので看護師自身の声掛けや笑顔などの関わりによって、患者様の状態が左右されます。自分の心に余裕がなければ、患者様により良い関わりができないなと勤務する中で感じています。今はまだ、経験も浅く未熟ですが、今後患者様と関わりを持たせてもらうことで経験を積み、学びを深め自分の目指す看護師像に近づけていけたらと思います。

 

三宅 健太(北5)

どのような病棟ですか?

 私の働いている病棟は精神科救急病棟です。入院してこられる患者様の6割以上が入院から3ヶ月以内に退院されていきます。入院直後は皆さん様々な症状を呈し、入院されてきますが、治療により早期回復、早期社会復帰される患者様も多いのが特徴です。入退院により病棟稼働率が高く、多くの患者様とその家族様との出会いがあり、多くのことを学ばせて頂いています。病棟のスタッフも活気があって勉強熱心な方が多く、お互いの良いところを高めあいながら楽しく勤務することができています。

精神科看護の魅力は?

 精神看護ではよく「言葉が薬」と言われます。患者様がスタッフの言動で大きく変化する場面をよく目の当たりにします。特にベテランの先輩看護師が患者様の対応をすると先ほどまで落ち着いていなかった患者様が穏やかな表情となる姿を見て大変驚きます。患者様の生活を整えること(療養上の世話)が看護師の仕事の一つですが、精神科看護では患者様の心身の変動を統合的にアセスメントし患者様の訴えの本質が何であるのかを探り、患者様が困っている事の解決へ向けて、何ができるのか悩みながらも患者様と共に自律できるよう考える機会も多くあります。本来の看護師としての役割を発揮できる場面がたくさんあるので、とてもやりがいのある仕事だと思います。

自分の目指す看護師像

 患者様の気持ちに寄り添い、悩み苦しみ表現できない気持ちを代弁できる、そのうえでその方に必要な治療に専念できるように治療環境・生活を整えることが出来る看護師、そして患者様自身が自分の気持ちに気付けるように、私はそれを映し出す鏡のような看護師でありたいと考えています。
 患者様にとって入院することは非日常的な体験であり、困惑されることも多いです。ですが入院して良かったなと感じて頂けるような看護師を目指していきたいです。