募集要項

教育担当者メッセージ

ハートランドしぎさん 教育担当長 松本千恵

 『出会ったすべての人々が、その人らしくあるために、私たちは優しい看護を提供します』これは看護部の理念です。
 ハートランドしぎさん看護部では、知識や技術はもちろんのこと、豊かな人間性をはぐくみ、人として共に成長していける人材を求めています。
 精神科での看護場面の多くにおいて、自分自身の言葉や行動だけでなく、かかわるときの表情や口調、しぐさまでもが相手の「こころ」に響き、影響を与えます。
 私たちには、相手の立場に立ち、『優しい看護』を提供することが求められるのです。
 看護部の教育体制として、クリニカルラダーシステムを基盤とし、自分自身が描いたキャリアデザインに沿ってキャリアを高めていけるように継続的・段階的に支援をしています。
 みなさん!看護の独自性が発揮できる精神科看護の魅力を実感し、その楽しさ・やりがいをハートランドしぎさんで私たちと一緒に体感してみませんか?

 

上野病院 教育担当長 山口知代

 教育を通じて「ともに成長し続けられること」を願っています。
 精神科看護は、目に見えにくく、ゆえに成果がわかりづらいとよく言われます。だからこそ、看護を通して気づいたこと、わかったこと、対象と自分の成長を実感できたことなどが大きな喜びにつながります。
 看護部では、ラダー制を導入しており、新人教育、継続教育、看護研究、看護補助者教育を行っています。また、院内全体の研修もあります。看護部長をはじめ、看護師長、主任、教育委員会を中心として、全員で教育にかかわり、みんなが育ち育てていけるシステムとなっています。
 人によって、仕事を習得し成長していくスピード、持ち味、ライフスタイルなど、全て違います。何かを学びたい、と強く感じる瞬間がいつ訪れるかも異なるでしょう。変わらないものは「成長の可能性」と信じています。看護の力、チームワーク、人間性など、伸びしろしかない私たちが、精神科で働くことによって確実に成長していけます。一緒に上野病院で働く中で、それぞれの成長を楽しみませんか。